2011/11/17(Thu)
11月12.13日の二日間、是非参加してみたい研修(おはなし会)が大阪でありました。

朝、7時前の新幹線に、心弾ませ乗り込んだものの・・・徳山手前で、信号機の故障 ・・・(;一_一)

大阪に着いたのは、お・ひ・る <`ヘ´>  急いで会場へ・・・(お昼ごはんぬき (;一_一))


研修では・・・親子にとって、絵本は、とてもたいせつな教科書だと思いました。

絵本には、豊かで美しい言葉がたくさんつまっています。


子どもたちは『読みきかせ』を通して、たくさんの絵本と出合い

たくさんの言葉を聞き、「読書力=想像力」を伸ばします。

また『読みきかせ』で物語を楽しむとともに、そこにあるすべて(時間、場所、空間)を

みんなと共有することを楽しみます。


絵本は自由に想像力を広げ、感動やよろこび、人を思いやる気持ちをもった

“ゆたかなこころ”を育ませてもくれます。

また、絵本は “生きる力”をも、培ってくれます。


☆ 「お母さん」 子どもたちにたくさんの絵本を読んであげましょう。

☆ 子どもたちにたくさんの言葉(日常会話)のシャワーをあびせましょう。

☆ 乳、幼児には“わらべうた、童謡”を・・・機械の声ではなく、人の声(お母さん)で・・・(*^^)v


わらべうた
 おはなしおばさん 藤田浩子さん(わらべうたの先生)と

※くいだおれの町大阪・・・お腹はいっぱいにならず、脳がいっぱいになりました(^v^)v
キディハウスにこにこ & かわかみクリニック